読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジ絵初心者がガジェットを使ってみるブログ

全ての物欲は情報から始まる

MacBook Pro(Late2006)を高速化する:Dashboard無効化編

Mac OS Xに切り替わってから搭載されているダッシュボード。私のような古いMacBook Pro(Late2006)を使っている方にとっては動作を重くするだけなので、そのダッシュボードを無効化し少しでもOS動作を軽くする方法をご紹介します。

Dashboard setup - 無料写真検索fotoq
photo by Shanghai Daddy

 

無効化にはターミナルを利用する 

power cut - 無料写真検索fotoq
photo by salynaz

MacBook Pro(Late2006) が最後にサポートするOS Lionには標準でダッシュボードを無効化するオプションメニューは存在しません。従ってターミナルから無効化する必要があります。

 

ターミナル起動

アプリケーション▶ユーティリティ▶ターミナル起動

 

ダッシュボード無効化ターミナルコマンド

> defaults write com.apple.dashboard mcx-disabled -boolean true

> killall Dock

 

このコマンドを実行することでダッシュボードを無効化することができます。

 

ダッシュボード復活の呪文 

無効にする手段を知ったなら、復活させるコマンドもご紹介します。

> defaults delete com.apple.dashboard mcx-disabled

> killall Dock

上記コマンド実行でダッシュボードが復活します。

 

以上ダッシュボードの無効化、有効化コマンドでした。

 

まとめ:ダッシュボードを切ってみて

私の環境MacBookPro(Late2006)&MacOS X(Lion)では最大搭載メモリも4GBまでと少なくダッシュボードが有効だと文字入力のもたつきが発生していましたが、無効にするとメモリが開放されたのか非常に軽快になりました。

 

システムドライブをSSDへ換装していることも影響しているはずですが、文字入力がスムーズだと気持ちいいですよね。

 

この記事が皆様のご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました。