デジ絵初心者がガジェットを使ってみるブログ

全ての物欲は情報から始まる

MacPro(Early2009)のグラボをGTX1070へ換装し改めて思ったこと

MacPro(Early2009)へGTX1070を搭載した

タワー型MacProのグラボをGTX970からGTX1070に換えたのですがcinebench期待してたほど変化はありませんね。

 

搭載したのはZotacのGXT1070 FounderEditionです。

FounderEditionとノーマルの違いは

・nvidiaのリファレンスであること

・nvidiaが厳選した部品で構成されていること

・ノーマルが8Pinx2であるのに対しFEは8Pinx1であること

ノーマルより品質が高く消費電力も低く抑えられているのが特徴で、GTX970が6Pinx2であったことからも電力面での恩恵もあります。

 

Cinebench Score 

 GTX970 cinebench

f:id:meochika:20160106180936j:plain

 

GTX1070 cinebench

f:id:meochika:20180714141614p:plain

 

 

LuxMark & Heaven benchmark Score

しかしながらLuxMarkとHeaven Benchmarkでは良い変化が見られました。

GTX970  LuxMark

f:id:meochika:20160106181453j:plain

GTX1070  LuxMark

f:id:meochika:20180714145051j:plain

 

Heaven benchmark  GTX970

f:id:meochika:20160109142912j:plain

 

Heaven benchmark GTX1070

f:id:meochika:20180714145720p:plain

 

このようにスコア上昇が認められたわけですが実際WindowsマシンでGTX1070を使っている方ならこのスコアがいかに低いかおわかりになると思います。

 

振り返ってみて

そもそもMacProはグラボがMac仕様でないとPCI-E帯域が半分に制限される仕様なので

その事が頭打ちというかボトルネックになっているのかなと。

 

しかしながらGTX1070のマーケットがゲーミング市場主体であり、システムの安定性、堅牢性というワークステーションをターゲットとしているMacProとは相反すると考えるなら極めて妥当なスコアだとも言えるかと思います。

 

実際にイラストやデザイン、CGIや開発など研究目的で使うのであればそれほどのリフレッシュレートが要るとも考えにくいですし、Macでゲームする気なんて微塵もないのでやはり安定性重視ですかね。

 

一応for macに書き換えたGTXやQuadoroが一体どれくらいのスコアを叩き出すのかという情報もMacProの延命につながり興味があります。

お金ができたらオーダーしてもいいかなと思っています。

 

MacPro対応のビデオカードが買えるお店

www.macvidcards.com

 

この記事がみなさまのご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

ZOTAC GeForce GTX1070 Founder edition グラフィックスボード VD6054 ZTGTX1070-8GD5XFE001